So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

安心して落ち着いて160で賽馬弾く [二胡]

     201309200917292a7s.png


賽馬を練習しています。
必要性があって、弾かねばならなくなったためにやり直しています。

しかし、今までにも突然賽馬を弾かねばならない状況に追い込まれたことは何度か
あり……というのも、二胡的な集まりで「みんなで何か弾こうか」ってなった時、
高確率でこの曲がチョイスされるからなのですが。

なんだか、「二胡をやってる人間ならば賽馬弾けて当然」という昨今の風潮に
胸を痛めている次第でございます。そんな突然弾けねーっつの。
ホッチキスは賽馬が苦手なので、控えめに言って部分的に指が回らない…というか、
率直に言えば全部回ってない。ゆっくりなら回るかもしれませんが、
快速でかっ飛ばすとなると全体的に甚だ怪しくなる。

多分、同じ快速でも他の曲なら若干マシなのです。
そして、どう考えても三門峡のラストとかは賽馬より断然難易度が高いはずなの
ですが、ホッチキス的には三門峡の方がまだマシに思えます。
苦手意識があるのでしょう。賽馬という曲に。

この曲を初めて弾いたのは、二胡を始めて半年ぐらいのことだったと思います。
個人レッスンでしたから、習った時期が人より多少早かったかもしれません。
初回のレッスンで、当時の先生に「まあまあ形になってる。きっと近いうちに
弾けるようになるよ」…と言われたのですが。

それから十年以上経過しても一向に「弾ける」という域には達せず、
本番用の曲として選ぶことも一度もなく、いつしか個人的に練習することも
絶えてなくなり、つーか最後のいななきなんてやり方すら分かんないんだもん、
もういいあんなのは弓毛傷めそうだし弾かねーし賽馬は!!
…と逆ギレ気味のここ数年。

その数年で、ホッチキスはたまたま木魚の才能を開花させ、「うっわ、我ながら
チョー上手い!」という腕前だったため、誰かと賽馬弾く時は嬉々として
パーカッションに回っていました。

しかしです。
今月のライヴでは、一緒に弾く初音さん(仮名)もミクさん(仮名)も、
「せっかくだから3人で賽馬弾きたい」とおっしゃるではありませんか。
テンポ170かな? それぐらいのカラオケで普通に弾いてしまう二人について行くとか、
陸上部の中学生がボルトとガトリンに遅れないよう走るみたいなもので、
もうこんなのハンデがないと無理です。
ホッチキスだけ8小節ぐらい早くスタートしていいとか、そういうハンデ戦じゃないと
まともに走れないというか。

だけど、MCの途中とかで勝手にフライング演奏したら、いくら仲良しでも普通に怒られ
そうだし、かと言って一緒に弾けばすっ転びそうだしあああ困った困ったどうすれば。
つか、練習すればいいだけですか?それ以外に道はないワケですよね??

…観念したホッチキスは今更ながら賽馬を練習し、必死に弾いているうちに何故か
いななけるようになっていました。
やり方よく分からないんです。けど、ヒヒーンってやれるようになった。
必死だったからでしょうね。「必死さ」の力を思い知りました。

しかし、その必死力をもってしても、テンポを170にするのは無理でした。
ヒトの陰に隠れつつごまかしながら何とか止まらないよう弾ける限界数値が、
恐らく160。
ごまかさずに弾ける限界が150ぐらい。
もうこれで勘弁してください…と思いつつ、ホッチキスは久しぶりのレッスンに
臨みました。ものすごい今更なのですが、賽馬を教わったのです。

で、最初に一人で弾いてみましたら。
弾けるはずのテンポなのに、思いっきり途中でつっかえてしまいました。

 「ホッチキスさんは………この曲 苦手ですよね」

なんとも言えぬ気の毒そうな表情でお師匠が呟かれました。
過去に人前で賽馬弾いて失敗したことない? それでトラウマみたいになってない?
でもさ、見たところ一応弾けてるし大丈夫なはずなんだよね……一緒に弾いて
みましょうか。

てな感じで師匠と一緒に弾いてみたところ、まあ許容範囲内の賽馬になりました。
で、同じテンポで一人で弾くとソッコーで間違える。なぜなのか。

師匠は「ホラ、私と一緒なら弾けてるでしょ。本番3人で弾くんだったら絶対に
大丈夫です」とおっしゃり、その後もしきりに「大丈夫です全く問題ないです
安心して何の心配もないです落ち着いてやれば大丈夫だから」…などと
ホッチキスのメンタリティに配慮したお言葉を繰り返され、技術的な直しは
全くといってよいほど入りませんでした。

そして、最後は

 「当日、もうどうしてもダメだと思ったら木魚叩けばいいから

…というお言葉で締めくくられ。
ちょっと待てさっきまで「全く問題ない」と言ったその口で一体全体なぜ
「最悪、木魚叩いとけばいいから!」みたいなことおっしゃるのだ全然問題アリじゃ
ねーか…と、微妙に不安感を募らせたホッチキスですが。

ともあれ、ライヴまで残り少なくなりました。

一生懸命に駆け抜けます。



タグ:二胡
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

新ユニット結成のお話 [二胡]

仕事してない期間が結構続いていたホッチキスなのですが、演奏はごくたまに行っていました。

失業した翌日に舞台入ってましたし、7月は結成したばかりの新しいユニットでライブをやり、
9月はおなじみの愉快な仲間達で弾き。
11月は、7月に演奏したメンバーと再びライブの予定です。

その、結成したばかりの二胡ユニットなのですが。
メンバーはホッチキスと初音さん(仮名)とミクさん(仮名)の3人。

ミクさんとは十数年以上にわたって二胡友ですが、住まいが遠いため一緒に演奏する機会は
そんなにありませんでした。
十数年前は、ホッチキスもミクさんも「二胡愛好家」って感じでしたが。
今じゃ、初音さんはほとんどプロと呼んでも差し支えない活動ぶり。
対するホッチキスは「やっぱり二胡愛好家のままですテヘ(//∇//)」……って感じで。
今や黒柳徹子と清水ミチコぐらいの、埋まりそうで埋められない差がついてしまった
二人ですが、十数年前も今も変わらず気さくな友人です。一緒にいるとほんわかします。

そして、初音さんと最初に会ったのはいつだったか。
やはり住まいが遠方なので、数えるほどしか会ったことがないのですが、
共通点がたくさんあり、めっちゃ旧知の間柄みたいです。
初音さんもプロの指導者ですから、
「鶏肉検査(仮)のかたわら、ちょっぴり指導もしてますグヘッ:(;゙゚'ω゚'):」…みたいな
ホッチキスとは、やはり格が違います。
しかし初音さんもとっても気さくな方で、一緒にいると超エキサイティンです。

ある時、「一度3人で練習会とかしたいね!」って話になり、ミクさんのお友達の
カフェ(演奏スペースがある)で二胡女子会することになりました。

楽しみだなあ…と思っていたところ。
ミクさんが、女子会会場のカフェのチラシをメッセージで送ってくれました。
そこには、我々が女子会する予定の日に「二胡LIVE」…って、チョー堂々と書いてありました。




聞いてねー!!!



どうするどうする?

「LIVE」って書いてあるよ!

LIVEなら曲用意した方がいんじゃね?

もう1ヶ月切ってるけど、LIVEなら1時間ぐらいは弾いた方がよくね?


……かくして、女子会のはずがなぜか初ライヴになり、11曲準備して臨むという
なんだか壮大な話になってきました。ユニット名もまだないので「ニコニコ隊」という
間にあわせの名前をつけ、パートを適当に割り振って練習開始です。

ここで、大きな問題がありました。
事前リハが一度もできないということです。

ホッチキスも結構キャリアが長い方ですが、重奏で一回も合わせないまま
本番に突入するのは初めてです。
当日リハはできるのですが、セッティングとか除くと1時間もありません。
1時間のステージなのに、合わせが1時間以下。


初めて弾く曲もあるのです。

テンポがよく分からない曲もあるのです。

そもそも女子会だったんです。

無謀です。命知らずです。

キムタク風に言うなら「ちょ、待てよ」な状態です。


しかし、もう弾くしかありません。
ホッチキスはせめて個人練習だけはちゃんとしようと、初めての曲とかは念入りに
準備していました。

ですが、三重奏なワケじゃないですか?
そのうちの、ある1パートを一人で弾いていても、当然“合わせ”の練習にはなりません。

合わせられないし。
寂しいし。

本番前日、ホッチキスが「寂しい…」と思いながら練習していた、ちょうどその頃。
ミクさんは別のライヴに出演中でした。ミクさんは寸暇を惜しんで、ライヴの休憩中にも
三重奏の練習をしていたそうです。
しかし、やはり「三重奏のうちの、ある1パート」を一人で弾いているため、
周囲の人にはちょっと意味不明な曲に聴こえたらしい。

ライヴの共演者がポカーンとする中、
「いや、この曲、本当は綺麗だから! 三人で弾いたらすごいから!!」…とフカしながら、
ミクさんは練習していたそうです。笑えるし、泣ける。

そんなこんなで当日を迎えました。
リハはやっぱり1時間以下で、「一回も合わせないまま本番を迎える曲」が数曲出ました。
つか、合わせられた曲でもスゲぇあやしげです。

どうすれば。

結成したばかりのユニットなのに、初ライヴの瞬間に黒歴史がスタートするとか。

しかしですよ。
さすがは離れていても仲の良い3人組と言いましょうか、暗雲立ち込めるリハーサル時の
演奏から考えると、本番は結構まあまあだったのです。

これは、今日はじめて合わせたとは思われない。
すごくね? 玉突き事故で大惨事を招くかと思ったのに、ちょっとバンパーへこんだ
だけで済んだ…みたいな。

ホッチキス、弾いてる時すごくいい気分で、
「すごいぞ自分! 素晴らしいぞニコニコ隊!!」…と上機嫌でした。
演奏後の食事もおしゃべりもすごく楽しかったです。

…しかし。
あとで初音さんが録音してくれた演奏を聴いてみたら。

ちょっとではなく、がっつりバンパーがヘコんでいる。
のみならず、ヘッドライトも粉々だった。
ライトつけるまで気がつかなかった…的な。

ホッチキスはいろいろといろいろと複雑で。
弾いている最中にあんなに楽しいのは滅多にないこと、そんな風に弾けて良かったと
いう思いも強かったのですが、弾いている最中に自分の音程のズレに全く気づけなかったのも
また滅多にないこと、なんでそんな風になってしまったのか…という思いもあり、
ていうかコレ、事前に一回でも合わせられてたら、絶対にもっと綺麗だった、絶対もっと
ちゃんと弾けた、失業中でヒマだったのだから、こっちから出向いて行けば一回ぐらいは
リハの時間取れたかもしれないのに、往復の旅費を出す経済的ゆとりがなかったばっかりに
全員の実力が出し切れずに終わったんじゃないか、ホッチキスに甲斐性がなかったばっかりに…!!

てな感じで。
「冷静に考えると演奏はかなりヤバげだったが、めっちゃ楽しかったよね?」という思いは
三人共通だったため、来月もう一度ライヴやることになりました。

今度はホッチキスも事業が始まったため、時間はあんまり自由になりませんが。
「前日リハしたい。前乗りするから。時間取れないか」と2人に泣きついたところ、
なんとか2時間ぐらいは練習できることになりました。

当日リハも含めると、前回のザッと4倍以上はリハできる。
曲目は前回と大体同じ。
少なくとも、前回より5倍は良い演奏になるはずです。
それに今回、ホッチキスはレッスンでこのライヴの曲のお稽古をつけてもらおうと、
かなり気合いが入っています。
音程外すとか、もう絶対にありえない。あってはならない。

本番に向け、楽しく頑張ります。


※ユニット名はもう「ニコニコ隊」ではありません。検索しても出てきません。
 
悪しからず。

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

ドロドロ起業女子 [二胡以外]

(※ 前回記事の続きでございます)

独立して、フリーの検査技師(仮)になったホッチキス。
一応、小さい検査事務所を構えまして、開業届を出したり営業したり、
名刺作ったりホームページ作ったり、ホームページ作ったは良いものの全然検索に
ヒットしねーじゃねーかメチャクチャ苦労して作ったのに!…とか思ったり。

…このままじゃ、私のホームページ「鶏肉だよ、人生は(仮)」は誰の目にも触れないまま
陸の孤島みたいな存在と化すこと必至。

そこで、少しでもアクセスを増やすため、ブログを作ってリンクしてみたり。
新しく作った鶏肉検査のブログ「比内地鶏パラダイス(仮)」は、ぶっちゃけ生活がかかって
いますから、渾身の力を込めて記事を書いたのです。
なんか、我ながら「コレ、かなり面白いんじゃね?」という文章だったはずなのですが。
当然というべきか、できたばっかりのブログなんて誰の目にもとまらないワケですよ。
ブログを更新して、初日のアクセス0という、心がへし折れる結果となりました。

ちなみに、この暴走二胡ブログは更新していない日でも1日に100人以上は訪問者が
いるのです。

おかしいです。

こんな、平気で何ヶ月も更新がストップするような、完全に趣味で書いているような、
ドーナツ食いながら横目でテレビ見ながら書いていたようなブログが。

というか、今も横目で「なんでも鑑定団」見ながら書いてますけど、そういう適当なブログが、
私の、人生の存亡をかけた本気のブログより全然勝っているってどういうことなんですか。
不公平でしょ。
「二胡 ブログ」で検索すると、ボンゴレはGoogleのトップページの上の方でヒットする
のに、「鶏肉 ブログ」では私のブログは引っかかりもしない。
何ページさかのぼっても引っかかってない。
産卵期の鮭でもこんなにさかのぼらないだろう…ってぐらいさかのぼったのに、
ダメだった。
つーか、これ逆にできない? 執筆者の特権で二胡と鶏肉の順番逆にできないの?

・・・といった、波乱万丈のあれやこれやを乗り越え、なんとか仕事が来るようになりました。
9月ぐらいから、以前付き合いがあった業者さんが検査を依頼してくれるようになり、
今月からはなんとか定期的に検査ができるように。
ホームページも一応検索にヒットするようになりました。めでたい。

…てな感じで、外部ブログはもう書くのやめました。
私にはボンゴレがありますから。ええ。

それで、「まあ仕事入るようになったし、レッスン行こうかな」と思い、今月から二胡も
復活ですYO!
来月には新しく結成したユニットのライヴもあるので、チョー張りきってます。

次回は、そのライヴにまつわる話でも書いてみます。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | -
メッセージを送る